Windows7でのSSDのデフラグについて

 

SSDには、書き込み回数に制限(寿命)があるので、デフラグをするのは良くないと言われている。

Vidtaではデフォルトでデフラグがスケジューリングされており、手動で無効にする必要があったが 7ではSSDはHDDとは別デバイスとして認識されるので、デフラグが自動的に実行されることはない。

※但し製品によってはSSDでもデフラグ設定がオンになっている場合があるとのこと。
その都度確認するのがベターだといえる。

 

ただSSDは少しでも寿命を延ばそうとするため、領域全体をまんべんなく使用する。
そのため、実は断片化が起きやすい。

だからこそ断片化が激しい場合はデフラグをすることによって速くなることはあるらしい。

空き領域のデフラグが効果があるという情報もある。
Defragglerというソフトを使用して、空き領域を0埋めなどすると効果的らしいが・・・

書き込み回数の制限を気にしてしまうので、どちらがいいのやら・・・

広告
カテゴリー: Windows パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中