複数PCでThunderbirdのProfileを共有

自宅と職場でThunderbirdを利用しており、それらのProfileを共有させたいときのメモ
(Windows同士であれば、USBメモリでPortable Thunderbirdを使えば良いが・・・)

まず、アカウント設定済みのProfilesフォルダ以下をUSBメモリ等に移動させる
移動先はProfileを共有させたい場所にしておく

Profileの場所

XP
C:\Documents and Settings\test\Application Data\Thunderbird\Profiles\xxxxxx.default

Vista,7
C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\xxxxxx.default

 

データを移動したら以下のファイルを編集する
C:\Documents and Settings\test\Application Data\Thunderbird\profiles.ini

変更前
——————————————-
[General]
StartWithLastProfile=1

[Profile0]
Name=default
IsRelative=1
Path=Profiles/xxxxxx.default
——————————————-

変更後
——————————————-
[General]
StartWithLastProfile=1

[Profile0]
Name=default
IsRelative=0
Path=K:\Thunderbird\Profiles\xxxxxx.default
——————————————-
※IsRelative=1 は相対パス指定 0 は絶対パス指定

この設定で、Thunderbirdを起動して正常にProfileが読み込めれば成功

iniファイルの書き方が間違っていると、新規にProfileが作成される

Windows同士ではUSBメモリの利用を制限されている環境でPortableが
使えないときに、ネットワークドライブなどにProfileを置いておき、複数のPC
からProfileを共有するなんて使い方があるかもしれないが、基本的には意味
がなさそう
LinuxやMacと共有することができると 実用性があるかもしれない

広告
カテゴリー: その他 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中