バッチファイルを常に管理者権限で実行する方法

Vistaや7ではアプリケーション(インストールファイル)によっては、右クリックして「管理者として実行」をしないと動作しないものがある。
これはVistaから導入された「UAC」(User Account Control)が影響している。

バッチファイルでも同様に管理者権限が必要な場合があり、TrueCryptをUSBメモリで使用できるように作成したバッチファイル(ぽっとの陽だまり研究室 参考)もWindows7では正常に動作しなかった。

これらのバッチファイルは右クリックして「管理者として実行」とすれば問題ないが、毎回この作業を行うのは面倒くさい。

この作業を回避するためにプロパティの互換性タブにある「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れておけば、毎回右クリックしなくてもよくなる。

しかし、バッチファイルのプロパティから互換性タブの「管理者としてこのプログラムを実行する」のチェックがグレーアウトされておりチェックができないので設定することができない。

bat1

それでも何とかしたい場合はそのバッチファイルのショートカットを作成し、そのショートカットのプロパティからショートカットタブの詳細設定から設定をすることができる。

bat2

広告
カテゴリー: Windows パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中