vmwareをインストール後、USBメモリの自動再生が無効になった

Windows7にvmwareをインストール後、USBメモリやCD/DVDなどを挿入しても
自動再生の処理選択ダイアログが開かなくなった。

vmwareをインストールすると、レジストリを書き換えてしまうことが原因

セキュリティ的には自動再生は無効の方が良いが、有効にする方法をメモ

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer]
の「NoDriveTypeAutoRun」の値を0x91(145)に変更してPCを再起動する

この値を変更することで、自動再生の処理選択ダイアログが表示されるようになった

 

NoDriveTypeAutoRunの値詳細

意味
0x1または0x80 不明な種類のドライブのAutoRunを無効にする
0x4 リムーバブルドライブのAutoRunを無効にする
0x8 固定ドライブのAutoRunを無効にする
0x10 ネットワークドライブのAutoRunを無効にする
0x20 CD-ROMドライブのAutoRunを無効にする
0x40 RAMディスクのAutoRunを無効にする
0xFF 全ての種類のドライブのAutoRunを無効にする

 

参考:http://d.hatena.ne.jp/bajio/20100315/1268644729

広告
カテゴリー: Linux パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中