古いカーネルを削除する方法(CentOS)

yumコマンドなどでカーネルをアップデートすることができるが、一般的に古いカーネルは
削除されず 新バージョンとともに、GRUBから起動できるようになっている。

システムが安定してきたときに古いカーネルを削除する方法をメモ

kernel1

まず、yum-utilsをインストールする

# yum install yum-utils

yum-utilsのインストールが完了したら、–oldkernelsオプションを付けて
package-cleanup コマンドを実行する

# package-cleanup –oldkernels

Setting up yum
I will remove the following 4 kernel related packages:
kernel-2.6.18-164.15.1.el5
kernel-2.6.18-164.el5
kernel-devel-2.6.18-164.el5
kernel-devel-2.6.18-164.15.1.el5
Is this ok [y/N]:

最後「y」を応答すれば、最新カーネルと1世代前のカーネルを残し、それより古いカーネル
は削除される

もっと古いカーネルも残したい場合は、package-cleanup実行時に、–count=残すカーネル
を追加する。最新版および2世代前のカーネルまでの残すなら・・・

# package-cleanup –oldkernels –count=3

とする。

広告
カテゴリー: Linux パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中