IEのコンテンツアドバイザーを使ってみる

インターネットでアクセスさせたくないサイトがある時に、制限する方法として専用の
フィルタリングソフトを使用するのが一般的だが、IE自体にも簡易的な機能はある。

全てのサイトを拒否して、一部のサイトを許可することや全てのサイトを許可して、
一部のサイトを拒否するという使い方をする場合、IEの「コンテンツアドバイザー」
で十分な気がする。

設定方法はIEの[ツール]-[インターネットオプション]-[コンテンツ]と辿り、「コン
テンツアドバイザー」を有効にする。

設定することで、各項目に対してどの程度制限をかけるかを設定することができる。

下の場合だとギャンブルに関するサイトは一切見ることができなくなる。

image

URLを入力することで、特定のサイトに対して許可・拒否設定が可能

image

「規制されていないWebサイトを表示する」のチェックを外していると、すべてのサイト
が閲覧できなくなる。(すべてのサイトを拒否して、一部のサイトを許可したい場合に有効)
「スーパーバイザーパスワード入力されたら規制されているコンテンツを表示する」に
チェックを入れるとパスワードを入力することによって規制されているサイトの閲覧が
可能になる。

image

当然他のブラウザを使うと制限されないので意味がなくなってしまうが・・・

広告
カテゴリー: Windows パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中