Vista,7のファイアウォール設定でpingを許可する方法

Windows Vista以降のOSではWindows標準のファイアウォールが変更され、より強化な
ものに変わった。

ping(ICMP)の許可設定もXP以前の設定とは異なる

1.コントロールパネルを開き、その中の「管理ツール」を開く (クラシック表示)
(Windows ファイアウォールがあるが、基本的な設定だけをするだけのもの)

winfirewall1

2.「セキュリティが強化されたWindowsファイアウォール」を開く

winfirewall2

3.右側のメニューにある、「新しい規則」をクリックする (新たにルールを作成する)

winfirewall3

4.カスタムを選択して次へ

winfirewall4

5.すべてのプログラムを選択して次へ

winfirewall5

6.プロトコルの種類をICMPv4として次へ(ICMPv4環境の場合)

winfirewall6

7.「特定の種類のICMP」の「エコー要求」にチェックを付ける

winfirewall7

8.送信元を制限しない場合はそのまま次へ

winfirewall8

9.接続を許可するにチェックを入れ次へ

winfirewall9

10.必要なプロファイルにチェックを入れ次へ

・プロファイルについてhttp://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/895fwprof/fwprof.html

winfirewall10

11.最後にファイアウォールのルールの名前を付ける(任意)

winfirewall11

参考:Windows Vistaのファイアウォールでpingへの応答を許可する

 

コマンドプロンプトで設定する方法も記しておく (旧コマンドと新コマンドがある)

☆旧コマンド

netsh firewall set icmpsetting 8 enable [disable]
ただし、”netsh firewall”は使用されなくなりました・・・”とうメッセージが表示されるが
このコマンドでも有効・無効は設定できる

winfirewall12

 

☆新コマンド

netsh advfirewall firewall add rule name="ICMPv4 ping許可" protocol=icmpv4:8,any dir=in action=allow [block]

protocolo=icmpv4:8,anyの:8,anyは記述しなくてもOK
記述することにより、ICMPの中でもエコー要求のみを許可させることができる
旧コマンドでのicmpsetting 8と同じ

winfirewall13

※上記コマンドだとプロファイルは全てのプロファイルが対象となる
プロファイルを個別に設定したい場合は、”profile=public|private|domain|any”のいずれかを
引数として付加する

広告
カテゴリー: Windows パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中