Bootcampネタ ~ブートマネージャー(rEFlt)

通常、Bootcampを使用して起動時にOSの選択をするにはOptionキーを押したまま起動して

OSを選択しなくてはならない。

しかもOptionキーを押して起動する場合だとなんだかものすごく遅い!

 

rEFltというブートマネージャーを使用すれば、Macの電源を入れるだけで起動時にOSの選択ができるようになる。

Mac側で作業する

インストールは非常に簡単

1.まず、rEFltをダウンロードする

http://refit.sourceforge.net/

2.ダウンロードしたファイルを展開し、そのままインストールを進めるだけ

3.Macを再起動すれば、起動時にOS選択画面が表示される

image

 

デフォルトではMacが自動的に起動するように設定されているので、Windowsに
変更したい場合、Macを起動し、「efi」-「refit」の「refit.conf」ファイルを編集する
また、自動的に起動するまでの時間はtimeoutの行を変更する

#################### refit.conf ####################

timeout 20
default_selection W (L=Linux M=Mac W=Windows)

################################################

広告
カテゴリー: Macintosh パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中